ワームの接着剤って何使ってます?



すごく久しぶりの投稿になりましたw
 
ここ最近、スイムベイトを自作していて、、忙しくて Blog の更新が全く滞っていました、、
これからすこしずつ記事を増やさないといけないなぁ、、と思いました????
 
スイムベイトを自作するようになり、色々なパターンをテストしていたのですがテスト中に問題が、、、
千切ったりしたスイムベイトを再度くっつける時に今まではライターを使っていたのですが細かいディティールの箇所などになるとライターだと溶けすぎてしまって残念なお知らせに、、、
 
そこで色々調べてみました!
そうしたらこんなものを発見!!!!
 

SPIKE-IT/スパイクイット Fix-A-Lure/フィックスアルアー

 
じつはこのSPIKE-IT/スパイクイット Fix-A-Lure/フィックスアルアーってワーム接着剤ならかなり有名なんですね!

知りませんでした。。。
 
でもデメリットもあるようで、、、

 

・接着剤が付着した面が溶けて?いくので、場所によっては余計に裂ける
・保存性が悪い(長期間置いておくとビンの中で固まってくる)
・ちょっと高い

 
との記載をしている方の BLOG を見るとこちらをオススメしているようです。
 

セメダイン 多用途接着剤 スーパーX クリア P20ml AX-038

 
実際、こちらの接着剤は私も使っていたので(他の用途で)試しに使ってみました、、、、
が、、、、
 
残念な事にワームとワームをつなげるような用途には適していないようです。。
なぜならば乾燥するまでの時間が思った以上に掛かる事がわかりました。
 
それまで何かで固定しているか、ずっと持っている必要がある。。。
 
そこでこのセメダインの一番上のモデルならば!!!!!!!!!!
と思い。。。。
 

セメダイン 超多用途接着剤スーパーXゴールドクリア P20ml AX-014

 
価格も倍近くするこの接着剤を購入!
 
しかーーーーーーーーーーーーーし!
 
 
セメダイン 多用途接着剤 スーパーX クリア P20ml AX-038よりももしかすると乾燥には時間が掛かるかも????
もう完全にここまでで無駄金を????
 
いよいよ昔からの
 

SPIKE-IT/スパイクイット Fix-A-Lure/フィックスアルアー

 
をamazonでポチッとして購入。
 
 
このワーム接着剤。。。。。。。。。
マジ最高です????
 

 




 

 

デメリットがとても気になっていたのですが、そんな事はどこへ?
 
乾燥は早いし、確かにワームを溶かして溶接してくれるようで少しだけ接着部が固いかも?って思うぐらいですが気づかないかも、、、
 
よく釣れるけど千切れやすいワームって沢山あるじゃないですかw
 
イマカツさんのジャバロンとか

IMAKATSU/イマカツ ジャバロン 110/リアルカラー 243 リアルイマエワカサギ 110mm

 
 
OSPさんのドライブシャッドとか。。。

O.S.P(オーエスピー) ルアー DoLive Shad 4.5インチ W015 ブルーギル

 
もちろん私は貧乏性なのでこれらのワームが千切れかけるとSPIKE-IT/スパイクイット Fix-A-Lure/フィックスアルアーを使ってその場で接着!
 
30秒〜1分程でくっついちゃいますがとりあえず着けたてのワームは一度別ボックスに保管して新しいワームか修正完了していたワームに付け替えて釣り続行の繰り返しで根がかるか修復不可能になるまで使い続けますw
 
 
このSPIKE-IT/スパイクイット Fix-A-Lure/フィックスアルアーに出会ってからワームの消費量が抑えられたのでこの価格でも私は満足しています????

It's only fair to share...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください