3月のワカサギパターンを攻略せよ

毎年3月に入ると、とあるポイントでワカサギ喰いのバス狙いで良い思いをするのですが、あからさまに反応の異なるジャークベイトがあり、数年色々試した結果、好反応する条件が分かって来ました。

仲間内で秘密にしていたパターンですが他のポイントでも同様の結果が得られるようになって来たので今年はもう少しポイントの範囲を広げて試して行こうと思っています。

 

 

ワカサギパターンとは?

3月のワカサギパターンとは産卵シーズンに向けてワカサギが浅瀬に上がり産卵を行う行動に合わせて遡上してくるバスを狙うパターンとなります。

ワカサギパターンを攻略する為にはまずワカサギの生態を良く理解していないとポイントの選定やタイミングをミスります。

 

ワカサギの産卵時期

関東圏のワカサギの産卵は1月〜2月と言われていますが、バスも含め、年々産卵シーズンが遅れているように感じます。

私がメインフィールドとしている関東リザーバーの大半が3月中がメインでワカサギの産卵が見受けられます。

また、ワカサギの産卵は大潮にされます。

 

ワカサギの産卵場所

ワカサギの産卵場所は基本、水草や礫(小石が多く点在するような箇所)になります。ですので砂地の箇所でも瓦礫などが多数点在するようなポイントがより濃厚となります。また、泥や附着藻類が多い箇所では産卵しないケースが多いので綺麗な水質の流入を狙う必要があります。

水深や水温・流速も大きく影響し、浅い所では30cm程の浅瀬〜2.4m程の深場までとなりますが私が良く釣るポイントでは2m以上深いポイントでは反応があまり良くなく基本1m〜1.5m前後の水深での反応が良い印象があります。

 

卵の産卵水温は5度〜10度までと言われており、、5〜6℃が最適水温域となります。

そして流れの無いような場所では産卵が行われず流速 70~100cm/s (水に浮かせた枯葉などが1秒に70cm〜100cm移動する速さ)に産卵床が出来るようです。そう考えると流速が確保出来る流入河川にワカサギが多く存在するのが理解出来ます。

 

個人的にこの時期だけ水温を測って釣りをしていた時期があるのでこの時期の為にも水温計を持っている事がお勧めです。

私が持っていたのはメガバスの「THERMO VISION SP」ですが水没により故障しました。

 

元ネタはこちらなので色とかを気にしなければ半額ほどで買えますw

エーアンドデイ 防水型放射温度計 グレー AD-5617WP

エーアンドデイ 防水型放射温度計 グレー AD-5617WP

2,973円(12/05 04:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ワカサギの一生

余談だがワカサギは基本1年で生涯を終え、その多くは産卵後に死ぬ。

また産卵は夜中に流入する川に上がり産卵するので明け方にバイトが集中する理由がよくわかる。

成熟魚は夜間に湖に流入する川に上り産卵する。受精から孵化までの日数は水温が低いほど長く、7℃で 38 日である。孵化は日没直後の ごく短時間に一斉に起こる。 春に孵化した仔魚は海の内湾や湖に流れ下り、満一年で成熟する。産卵後その多くは死ぬが、 湖によっては 2 年目、3 年目まで生きるものもある。

出典:ワカサギの生態 

 

 

ワカサギパターンを攻略

生態を理解すると大潮の水温が5〜6℃のタイミングが最も可能性が高い事がわかります。

ポイントは小石が混じる流入河川の1m前後

 

私が主に釣り歩いてる関東フィールドの多くは台風の影響等で地形変化が激しく、毎年釣れるポイントが変わります。

昨年爆釣したとしても他に好条件なポイントが出来ると必ず同じ場所で同じ思いが出来るとは限りません。

ですので、毎度ワカサギの生態を元にポイントを見て回るだけの日が数日あります。

 

そんな中、手返しよくバスの居場所を見つけるのにはジャークベイトが一番オススメになります。

pages: 1 2


 \ 評価を頂けると励みになります /

2022.02.18


この記事を読んだ人は
こちらの記事も読んでいます
AD